Twitterを制するものは集客を制す

今回は、Twitterを利用してブログに集客をする非道徳的手法を解説します。

これを知っているのと知らないのでは集客に大きな差が生まれ、さらには収益にも大きな影響を与えますよ。

・フォロワーを増やそう!

Twitterに関しては、フォロワーをどんどん増やし、そこからブログに誘導を行います。

Twitterにはフォローをされたらフォローをし返すと言う文化があるので、そこを利用して、どんどんフォローをしていきましょう。

大体、半分ぐらいの人はフォローを返してくれます。

ただし、ずっとこの方法を繰り返していると自分がフォローしている人数とフォロワーの数のバランスが悪いので、フォロー返しをしてくれない人は定期的にアンフォローしましょう。

フォロー数とフォロワー数が同じぐらいが理想的です。

この行為を繰り返すだけで、すぐに2000人ぐらいはフォロワーが集まります。

ここで注意ですが、フォロワーは誰でもいいという訳ではありません。

自分のブログの情報に興味を持ちそうな人を重点的にフォローしましょう。

例えば、ネットビジネスをテーマにしているならば、ネットビジネスに興味のありそうな属性を重点的にフォローします。

「ネットビジネスに興味があります」と言う感じでなくても、ブラック企業で働いていたり、子育て中の主婦だったりと、潜在的に顧客になりそうな属性を重点的にフォローしていきましょう。

 

ネットで少し古い記事を見ると、「一気にフォローを行うとアカウントの凍結のリスクがあるため、最初は1日に20人程度のフォローにしておきましょう」と書いてあったりします。

これは少し古い情報で、2016年現在、1日に100人程度フォローをしても凍結はされません。

と言うのも、以前はTwitterで直接アフィリエイトリンクを呟く「Twitterアフィリエイト」が非常に多く行われていました。

その対策として、Twitter側はアフィリエイトリンクを呟けなくしました。

その為、直接アフィリエイトリンク呟く人は減り、Twitter上でアフィリエイト目的で過剰なフォローを行う人は減りました。

また、Twitter自身も、広告収入を得る必要があるので、ユーザーにどんどんフォローを増やして貰いたいという思惑があります。

実は、Twitter社は2015年の下期は169億円にも及ぶ巨額赤字を計上しています。

シャープといい勝負ですね。

これらの経緯もあり、過剰フォローの凍結基準を緩めていると考えられます。

実際のところ私は1日に200人ぐらいフォローしても凍結はされませんでした。

当然ですが、直接アフィリエイトリンクを呟かずに、自身のブログURLを呟くことは何も問題はありません。

 

 

・Twitterの設定について

最低限、

プロフィール画像

ヘッダー画像

自己紹介

この3点はオリジナリティを出しましょう。

初期設定のタマゴのままだったり、自己紹介がないのはNGです。

フォロー返しの確率が大きく下がってしまいますよ。

画像に関しては無理に顔出しをする必要はありません。

顔出しに抵抗がないのであれば、顔出しをしても良いですが、抵抗があるなら後ろ姿、アバター、その他の画像で問題ありません。

「自分だったらフォロー返ししたくなるか」と考えれば、どんな画像が適切かわかりますよね。

 

自己紹介については、自分のブログのスタンスを書くことが大切ですが、ここではビジネスを前面に出し過ぎないようにしましょう。

人間の習性として、ビジネスを前面に出すと警戒をしますから。

あなただって、自分をカモにしようとしている人のフォローなんかしたくないですよね?

 

・実際のツイートの仕方

それでは、実際にどのようにツイートを行えば良いかを解説します。

ここでの目的は、「ブログへ集客」です。

そのため、あなたのブログURLをツイートします。

だからと言って、無言でひたすらURLをツイートするのはダメですよ。

あなたのツイートを読んだ人が、URLをクリックしたくなるようなことをツイートします。

具体的には、ブログ記事の紹介を行いますが、核心の部分は書かずに、「続きはブログで」と言う風にしましょう。

また、この時に、核心部分は「どうなったか」よりも「どうしたらそうなったか」を匂わせた方が効果的です。

以下に具体例を挙げます

 

例1

「Twitterでの効果的な集客法をブログ記事にUPしました。私は、この方法を実践することでフォロワー数を大幅に増やすことができました。何人に増えたかは、ブログ記事で。」

例2

「Twitterでの効果的な集客法をブログ記事にUPしました。私は、この方法でフォロワー数を1ヶ月で2000人に増やしました。その方法をブログ記事で紹介しています。」

 

どうでしょうか?

例1と例2、どちらがURLをクリックしたくなりましたか?

おそらく、多くの方は例2の方がクリックしたくなったと思います。

あなたのフォロワーにとって、「あなたのフォロワーの数が何人になったか」は重要ではありません。

それよりも、「フォロワーを増やした方法」の方が圧倒的に興味があるはずです。

この例を参考に、「クリックしたくなるツイート」を書いてくださいね。

また、あなたとフォロワーの信頼関係を上げるためにも、普通の日記的なツイートも行った方が効果的です。

 

ツイートの頻度ですが、1日に1〜4回程度でいいと思います。

多ければいいと言うものでもないので、そこは多すぎず、少なすぎずな塩梅でいいでしょう。

ただ、1日に1ツイートも行わないと、アンフォローされてしまう可能性もあるので、最低限、1日1ツイートは行いましょう。

 

・作業の効率化

さて、ここまでTwitterを使用した集客について説明を行いました。

これらの作業を行うために費用はかかりません。

ぜひ積極的に作業を行いましょう。

ただし、問題点を挙げるとすれば、それなりに時間がかかる点です。

フォロー、アンフォロー、ツイートの投稿と作業量は結構あります。

で、ここまで読んで、感のいい人は「ああ、コイツはツイッターブレインやフォローマティックを販売する気だな」と思うかもしれません。

が、残念!ここではTwitterツールの販売は行いません。

と言うのも、Twitterは凍結基準が日々刻々と変わります。

その為、ツールを使うことによりアカウントが凍結されるリスクが常にあります。

これらのツールは数万円する高価なものですので、私としては、無駄になる可能性のある投資をお勧めしたくはありません。

また、ある程度の簡略化は無料ツールでも出来るためです。

長くなってきたので、無料ツールの紹介は以下の記事で紹介を行うことにします。

是非お読みください。

メルマガでは他にもネットビジネスで役に立つ情報を講義しています。

以下のURLよりご登録ください。

プレゼント付きメール講座

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


maopapa の紹介

初めまして。育児とネットビジネスを頑張るまほパパです。
カテゴリー: アフィリエイト入門編, 超マーケティング講座   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :